このような課題、ありませんか?



ピットクルーが課題を解決します!

夜間不具合検知サービスについて


監視が手薄になる夜間帯に特化し、ユーザーからtwitterに投稿された「不具合」「バグ」等のワードを含む投稿を検知します。一定時間内に閾値を超える投稿数を確認した際は、当社スタッフが実機にて検証の上、確認が取れた場合は、不具合として貴社にご連絡いたします。

 


夜間不具合検知サービスの導入メリット


  1. リリース直後のタイトルの不具合を早期検知!
    リリース後、残存の不具合を早期検知することができ、初期ユーザーの離反防止やサポートコストの削減に繋げる事が可能です。

  2. 監視が手薄になる夜間帯の不具合発生の不安を解消!
    ユーザーの利用率が高まる時間帯の不具合検知を強化する事で、不具合発生の不安を解消し、課金機会損失の防止に繋げる事が可能です。

  3. 不具合の内容を実機検証してご報告!
    当社スタッフが実機検証した上で報告することで、不要な夜間報告を減らし、担当者様のご負担を軽減する事が可能です。

 

当社グループ会社でデバッグサービスを手掛けるポールトゥウィンとの連携も可能です。ポールトゥウィンがデバッグを行ったタイトルについては、当社で検知した情報をポールトゥウィンに展開し、デバッグに活用することも可能です。デバッグの精度を高め、アップデート後の不具合対策など、有効的にご活用いただけます。

料金プラン


検知数に応じたプランをご用意しており、上限1万件のミニマムプランからご利用いただけます。 

  稼働時間 確認頻度 検知投稿数上限 月額費用(税抜)
 ミニマムプラン

 

 

平日:19時~翌10時

休日:24時間

 

 

1時間1回 ~10,000件/月  ¥133,000
スタンダードプラン ~50,000件/月 ¥229,000
プレミアムプラン ~100,000件/月 ¥274,000

作業内容等プラン詳細は営業担当者よりご案内致します。

お問い合わせ


メモ: * は入力必須項目です